肝臓の働きを助けてくれるウコン|ほかにもある沢山の作用を大公開

ウコン

健康への意外な効果

ウコンの有効成分であるクルクリンは、肝機能の活性化や抗酸化作用、糖の分解・吸収を助ける効果があるのです。そのため、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防に役立つのではないかと期待されています。また、アルコール摂取前に服用することで、二日酔いを予防する効能が得られます。

栄養補助食品

肝臓を守る健康食品

ウコンは、ショウガ科の植物で、クルクミンという強力な抗酸化力のある成分を含んでいることが特徴です。活性酸素から体を守ったり、肝臓を強化する働き、コレステロール値を下げる働きなど、さまざまな効能が得られるといわれています。

二日酔いに高い効果

サプリ

血行を改善する働きも

二日酔い防止のために、ウコンドリンクを飲む人も多いのではないでしょうか。ウコンの代表的な成分のクルクミンは、肝臓の働きを助けアルコールの分解を早めてくれます。これにより二日酔いを軽減、予防することが出来るのです。しかしクルクミンの働きはこれだけではありません。血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させ、糖尿病や高血圧など生活習慣病を予防することができます。生活習慣病は脳梗塞の原因となる動脈硬化などにもつながる病気です。ウコンで血液をサラサラにすることで病気を防ぎ健康維持に役立ちます。またクルクミンは強い抗酸化作用があり、体の老化を防ぐ働きもあります。人は呼吸して体内に取り入れた酸素から活性酸素をつくりだします。これは体を守る重要な物質ですが、増えすぎると体を酸化させ老化を早めてしまいます。クルクミンはこの悪玉の活性酸素を抑え、若々しさを持続させる働きをします。新陳代謝を活発にし、脂肪を燃焼させるダイエット効果もあります。また肌のシミやシワをなくし美肌をつくるなど美容効果も期待できます。ウコンは東南アジアなどを中心に作られており、日本では沖縄や鹿児島のものが有名です。種類も春ウコンや秋ウコンなど50種類以上あり、中にはクルクミンが含まれていないものもあります。サプリメントではクルクミンが最も多く含まれる秋ウコンが主に使われています。これは春ウコンの10倍以上のクルクミンが含まれていると言われています。

鬱金

飲酒前後の摂取が効果的

コンビニなどで購入が可能であるウコンには、ドリンクタイプと錠剤タイプの種類があり、好みのものを選ぶことが可能です。健康補助食品として知られるウコンではありますが、お酒を飲む人にとっては心強い存在です。お酒を飲む日の前日や後日などにはウコンを摂取するとよいでしょう。