肝臓の働きを助けてくれるウコン|ほかにもある沢山の作用を大公開

  1. ホーム
  2. 肝臓を守る健康食品

肝臓を守る健康食品

栄養補助食品

ショウガ科の植物

ウコンは、ショウガ科の植物です。原産地はインドです。英語ではターメリックと呼ばれており、カレーなどの料理にも使用されることで有名です。日本では沖縄や九州南部で栽培されています。ウコンの特徴は、クルクミンという強力な抗酸化力のある成分を含んでいることです。活性酸素は老化や病気、生活習慣病の原因になるといわれており、抗酸化作用により、活性酸素による体への害を守ることができます。また、抗炎症作用もあるため、アレルギーや消炎作用なども得られます。最近ウコンは健康食品として人気があり、二日酔いの予防に、といううたい文句がある商品が販売されています。ウコンのクルクミンには、肝臓で作られる胆汁の分泌を促す働きや解毒酵素を増加させる働きを持ちます。また、アルコール代謝を促す作用もあり、それが肝臓を守る、強化することにつながるため、二日酔いや疲労回復に効果があるといわれているのです。その他にも、クルクミンに、コレステロール値を低下させる働きがあります。胆汁は、コレステロールや赤血球の代謝物から生成されるので、クルクミンによって胆汁の分泌が増えることで、コレステロールが消費されるのです。それが、コレステロール値を低下させることにつながります。また、美容面でも紫外線による肌の老化、しみ、しわの抑制、改善、肌の水分量をアップさせる作用があるといわれています。健康面、美容面、さまざまな効能が得られる食品です。